時を超えて

人生をかけて愛した人の事を綴ります

無題

私は彼と一緒に過ごした3年間で、愛し愛される事の喜びを生まれて初めて知りました。


何もなくて貧しかったけど、心は豊かで本当に幸せでした。


彼の心が手に取るように分かって、彼に守られていつも安心でした。


彼の夢は、私の夢。

ずっと一緒。

そう思っていました。


でも、私が就職をして先に社会に出た事で、少しずつ2人の間にズレが生じてきました。


そして私は彼以外の人を好きになったのです。


私が別れを切り出した時、初めて彼の涙を見ました。


「嫌だ」


彼は何回もそう言いました。


私も泣きました。

二人でたくさん泣きました。


この日、それまで生きてきて、一番悲しい別れを経験したように思います。


別れた後も、彼は私に「戻って来い」と言い続けてくれました。

でも私は、そう言ってくれる彼が疎ましかった。


それなのに数年が経ち、彼に彼女が出来た事を知ると、私の心がざわつきました。

人のものになった途端、焦りだしたのです。


勝手だとはわかっていても、彼が人のものになる事が耐えられなかった。


そして思い切って、彼に電話をかけました。


「すぐにおいで」


そう言ってくれる事を期待して。


でもその時の彼の口調で、部屋に誰かいる事はすぐに察しがつきました。


「ひとりじゃないよね?」

「うん」


タイミングは最悪で、結局何も言えませんでした。


そして彼はその数ヶ月後に彼女との結婚を決めたのです。


「彼女が妊娠した。結婚しなくちゃいけなくなった。俺の人生はこれで終わった」



何でこんな結婚報告なんかしてきたんだろう。

何で幸せいっぱいの結婚報告じゃなかったんだろう。


彼の気持ちが何処にあるのか知りたかった。

それを確かめるために最後、私は彼に抱かれに行きました。


でも何も感じなかった。

彼と体を重ねて、何も感じなかったのは初めてでした。


そして彼は間もなく結婚し、もう2度と会ってはいけない人になりました。


彼は、身勝手で我儘な私を一度も責めた事はありませんでした。

責めるどころか、ずっと好きだと言ってくれました。

再会してからも「あの頃の僕には力がなかった。何もなかった」

そう言って、私のせいではないと言ってくれたのです。


私は彼の優しさに触れる度に、後悔の波に飲み込まれていきました。




ここまで書いて、今かなり辛くなりました。

読み返すと、涙が出ます。


あまりにもとりとめもない文章に、タイトルも思いつかないほどです。


少し間を置きたいと思います。


最後まで読んでいただいて、ありがとうございます。