時を超えて〜Endless Love

25年の時を超えて再会した彼と再び恋に落ちました。現在心の病と戦っている彼に寄り添う日々を綴ります。

心の赴くままに

昨日から夫が出張で不在です。


昨晩は久しぶりのおひとり様が嬉しくて、お酒も入ったりして。


そうなると必然的に彼に話しかけたくなったりするわけで。


我慢してた分、どんどんそんな気持ちになっていくのを止める事ができなくて。


お酒が理性を打ち消して、心の赴くままにラインで彼に話しかけてしまいました。


内容はたわいもない事。


今飲んでてね...から始まって

最近こんなダイエットやってるんだよ〜とか。

昔彼とよく行ってたお店の写真とか。

気持ち乗った時にお外で軽くお茶とかできたらいいな。。。と誘ってみたり。


終始冗談も織り交ぜながら明るさ200パーセントで話しかけてみました。


そして最後は


「愛してる

大好きな人に愛してるって伝えられて幸せ。

こんな人生なかなかないよ。

〇〇くんに会えたおかげ。

ありがとう。

今夜も〇〇くんを想って眠るね」


と。。。ここまで気がつけば45の鬼ライン!


やってまった〜〜と思ったけど、やってしまったものは仕方ない。


しかもすべて未読(笑)


でも夜の10時過ぎから11時くらいにかけての事なので、薬が効いて眠れてるのかなと良い方に考えました。


夜中の2時くらいに目が覚めて確認した時も、まだ未読のまま。


うんうん

いい傾向。

既読になる事が全部いいとは限らない。


そして朝方6時頃に1件のラインが、、、。


「ありがとう🍀」


彼でした!


しかも絵文字つき。


ここ最近は話しかけても全て既読スルーで、まったく反応がなかったので調子が悪いのかなと...


なので今回も既読がつけば安心と思っていただけに、たった一言の「ありがとう」が本当に嬉しくて。。。


きっと精一杯の反応なんだと思いました。


私の先日のネガティブな記事を読まれたある方がアドバイスを下さいました。


「心の病に必要なのは心の繋がり。

物理的な要素で心は満たされない。

あなたはお荷物なんかじゃない」


この言葉にとても救われました。


私の今の立ち位置は微妙で、彼をどうこうできる立場でもないけれど。

それでも私にしかできない事があるのかなと、また少しずつ思えるようになりました。




先の事なんて誰にも分からない。


でも今を懸命に生きていけば、その先にある未来に必ず繋がる。


そうする事で先々お互いが別々の人生を歩く事になったとしても、後悔には繋がらないのではないか。


そうは言っても不倫なわけで。

他人様から見ればとても我儘な生き方かもしれないけれど。

それでも心だけは自由でいたい。

自分の心の赴くままに彼を想いながら生きていけたらと思うのです。


これから先も寂しさと苦しさから逃れるためにブレる事が多々あったとしても。

その時その時の気持ちで方向性を決めていけたらと思います。



こうあらねばならないなんて事はないのだから。

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。