時を超えて〜Endless Love

25年の時を超えて再会した彼と再び恋に落ちました。現在心の病と戦っている彼に寄り添う日々を綴ります。

青春のリグレット

昨日、雨の隙間の晴れた青空に、大好きな入道雲が現れました。


車の運転をしながらフロントガラス越しに見える入道雲と、iphoneから流れるユーミンの「青春のリグレット」が勝手にコラボして、何だかめちゃめちゃ泣けてきました。


で、気がつけば.....私、おいおい泣いてる変な人(笑)



「夏のバカンスを胸に秘め

普通に結婚していくの


私を許さないで

憎んでも覚えてて

今でもあなただけが

青春のリグレット」




昔も今も

彼と離れる度に、この歌詞にはずいぶん泣かされてきました。



憎んでも覚えていて欲しい。



昔彼が結婚を決めた時も

2年前に彼と離れた時も

心からそう思いました。



私も夏のバカンスを胸に秘めて、普通に結婚したつもりだったのにな。。。


彼の他にもそれなりに恋愛はしてきたのに、憎んでも覚えていて欲しいと思えた人は、不思議と彼だけでした。


そして本気で憎まれてると思っていました。



あの時こうしていれば....


昔のふたりを思えば過去の後悔は尽きないけれど。


青春のリグレットを聴くたびに、これからも多分泣いてしまうけど。


でも、どんなに泣いても過去は変えられない。


なので ここから先は、もう決して後悔しないように。

大好きな大好きな彼を死ぬまで守れる私になれるように。

もっともっと強くなりたいと思うのです。


憎まれるどころか...

昔も今も、こんな私を「愛してる」と言ってくれる世界で唯一の彼のために、これからの人生を生き抜こうと思うのです。

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。