時を超えて

人生をかけて愛した人の事を綴ります

自爆

彼の心が何処にあるのか知りたかった。

でも聞けないままに、彼の事がどんどん好きになっていく。


彼は今もそうですが、とても多忙な人でした。

おまけに遠距離という悪条件も重なって、簡単に会う事はできません。


となると日頃のコミュニケーションツールはメール。

でも彼は極端なメール不精。

メールをしても返ってこない。

忙しさのあまり、電話が繋がらない事もしょっちゅうでした。


何で?

やっぱり私の事なんて好きじゃないのかな。


そこで脳裏に浮かぶのが彼の「電話もメールも無視した」


この言葉でした。


私も同じなのかな。

だったら、振られる前に振っちゃおう。

そんな浅はかな考えから、彼に「さよなら」を何度も言いました。

自爆です。


その度に彼は私を引き上げてくれるのですが、それでも私は彼を信じる事ができなかった。


ちょっとした彼の言動に一喜一憂し、「さよなら」を言う事で彼の愛情を確認する。


そんな事を繰り返していたある時、彼の新たな言動で私は一人落ちる事になるのです。